お電話でのお問い合わせは0544-27-6111

緊急の場合

ガス臭いとき

火気は絶対に使用しないでください
火や火花が出るものには
絶対手を触れないでください

戸や窓を大きくあけてガスを外に
追い出してください。すべての
器具栓・ガス栓を閉めてください。

ガス漏れの状況を
岡重株式会社まで
すぐに連絡してください

メーターの復帰方法
「ガスが止まってしまったら」

ガスメーターはこんな時にガスを遮断します
すべてのガス栓・器具栓を閉めて復帰操作を行って下さい。

セキュリティ表示の意味・処理法

セキュリティ表示 考えられる遮断の原因 処理方法

ガス止

長時間使用

ガス器具の消し忘れ

器具栓の不完全閉止

全てのガス栓を閉め、遮断弁の開操作を行う

消し忘れの器具栓を閉める

ガス止

異常な過流量

ガス栓の誤開放

ゴム管のはずれ

全てのガス栓を閉め、遮断弁の開操作を行う

ゴムホールをはめる

もれたガスを換気する

ガス止P

ガス圧力低下

ガス配管内の圧力が異常に低下

全てのガス栓を閉め、遮断弁の開操作を行う

すぐにLPガス販売店にご連絡下さい

ガス止

長時間使用

震度5相当以上の地震が発生

メータに異常な衝撃

全てのガス栓を閉め、遮断弁の開操作を行う

長時間使用

ガス漏れ警報器の作動

不完全燃焼警報器の作動
 オプションの作動

全てのガス栓を閉め、遮断弁の開操作を行う

もれたガスを換気する

ガス漏れ又は、不完全燃焼の原因が不明の時は
 LPガス販売店にご連絡下さい

ガス止

電池電圧低下

メーターに内臓されている
 電池が消耗した

すぐにLPガス販売店にご連絡下さい
(遮断弁の開操作を行ってもガスは使用できません)

ガスメーターの復帰手順

1すべてのガス器具の器具栓やガス栓を閉めて下さい。

2ガスメーター前面の左下または左に復帰をするためのボタンがあります。

3左下に復帰スイッチがあるメーターは、黒いゴム又はキャップ付きでキャップの中にあるゴムを押し込んで下さい。
「カチッ」と音がしますまで押し込んで下さい

4液晶表示の「ABC」が点滅します。

5液晶表示の「ABC」と「ガス止」が消えます。約1分お待ち下さい。

6メーターがガス漏れの検査を行っています。

7メーターのガス漏れ検査中にガス器具を使用しないで下さい。使用しますと、ガスメーターが遮断してしまいます。
遮断しましたら再度(3)から行って下さい。

ガスが出ない時のQ&A

ガス漏れも考えられるため、ガス臭がしないかよく確認してください。

コンロの火もつかない、お湯も出ない
(すべてのガス器具が使えない)
ガスメーターで安全装置がはたらき、ガスが止まっている場合があります。異常がない場合はメーターの復帰操作でガスをお使いになれます。原因がわからない・復帰できない場合は当社までご連絡ください。
コンロの火がつかない 電池が切れていませんか?
電池は正しく入っていますか?
電池の確認・交換をしてみてください。
ガス栓が開いているか確認してください。
コンロの火が不揃いになる バーナーキャップが正しくセットされているか
確認してください。
お湯にならない(コンロの火はつく) 給湯器の不具合の可能性があります
当社までご連絡ください。
水・お湯が出ない 止水栓が開いているか確認してください。
お湯は出るが自動湯張りができない 当社までご連絡ください。
給湯器リモコンにエラー番号が表示されている 表示されているエラー番号を確認の上、
当社までご連絡ください。
その他器具不具合、操作方法がわからない場合は、岡重までご連絡ください。

災害が起きた時

地震

ガス栓、器具栓を閉め(火をすべて消し)、二次災害防止のため、揺れが大きいときは、おさまった後で戸外の容器バルブも閉めてください。

火災

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。

台風・洪水

容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。

※電気のブレーカーも落としてください。

※異常があったときは至急、当社 岡重株式会社へ氏名・住所・状況などをお知らせください。

※再びガスを使うときは、弊社の点検を受けてからお使いください。